機会

機会はどうしても訪れてくる。

僕にはそれが降りかかる。

どうして機会がやってくるんだろう。



僕はどうしても機会が怖い。
これを逃したらどうしよう。
これを失ったらどうしよう。
そんな思いでいっぱいになる。


あ、またやってきた機会。
あいつはすぐにやってくる。
僕はそのたびに居留守をする。
「僕はここにいないよ〜〜」と。


もうやめてくれ。そんなに部屋をノックしないでくれ。。
他の人がきっとお前を待ってるんだよ。。


僕はそう言ってまた塞ぎ込む。
なぜだか不安になる。

もうやめてくれ。。。







そう思ってると機会はぱったりと
やって来なくなった。
あれ?今日はこないな。。。


ちょっと不安になる。あいつ元気かな。って。
でもその時には、遅い。もう機会は2度とやって来なかった。

寂しい気持ちもあり、僕は、恐る恐る部屋を出た。


そしたらあいつは、笑顔で受け入れてくれた。


『君が出てきてくれるまで待ってたんだよ』って。






そうか、機会って、自分から外に出ないと
やって来ないんだ。



今まで機会に僕の居場所を教えてくれた人への
感謝が込み上げてきた。涙が出た。




そして僕は笑顔で言った。







「いつでも会いにきてよ。僕も会いにいくからさ。」