携帯の本質

ここ最近気づいたことがあって、携帯を見るという行為は携帯に依存しているわけではなくちょっとした隙間時間を埋めるためのものだったのです。例えば僕は一眼レフを購入したのですが、購入してから結構思うがままに写真を撮っているのですが、それが隙間時間を埋めてくれました。スクリーンタイムが超落ちました。どうやら携帯をずっとみている人は趣味が少ない、もしくは携帯を見続けることが趣味の人が多いらしいです。実際趣味をしている間ってあんまり写真とかないんですよね。

だから携帯というのは可処分時間を奪い切っている例な訳です。可処分時間を作る意識で生きていると携帯を触ろうとは思いません。Youtubeも全てインプット、インスタTwitterはもう卒業。改めて自分がZ世代だということを認識しました