大学に戻ることにしました。大学の意味を再認識してきます

来たる4/24。僕の人生が変わりました。大学に戻ることを決意したのです。なにぶん教育で食っていこうとしているものですから、どうしてもそことは切っても切れない関係があるというか、、という話ではなく、今回は大学に戻る理由があったので色々それを書いていきます。

大学院に進む

僕は大学院に進むことにしたのです。研究✖︎ビジネス。僕はやっぱりこれはがやりたいようです。世の中の教育ビジネスは研究に基づいていないものが多すぎる。社会は研究に基づいていないものが多すぎる。これではやっぱり研究の意味がないので、教育の研究と現場を接続する役割を持ちたい。なので、僕は院進してフィールドワークを実践することにしました。これは人生を賭けてやります。教育現場に研究をどんどん持ち込む。だからもっと教育と仲良くならないといけない。研究と仲良くならないといけない。僕は学び続ける意思を持ちました。

ビジネスは続ける

大学院に進む上で鍵となってくるのがビジネスとの両立。今日面談をした准教授の方もそれは結構難しいと言っていた。だから僕は研究題材を自分のビジネスにする。人の頭をよくするにはどうしたらいいのか。でもそれを研究テーマにするには人生がおそらく足りなすぎるので、自分の今の必要な資産を明確にしたときに、自分のやっていることの研究的側面から見た価値が不明というところは一生付き纏うし、それを素人レベルで実施するのはほぼ不可能に近い。なので、ビジネスに研究を✖︎する。それが今の最適解だ。

という感じで、僕は大学に戻ることにしたわけです。もちろん受けたくない授業受ける意味のない授業を受けないといけないかもしれませんが、これはもう修行だと思って通い詰めます。(通うときには免許があるので、きっと通える。車かバイクで通学してやる、、必ず。。。)

今の甘えた僕にとってはいい選択だったと思います。だからこそ、僕は本気で取り組みます。誰にも負けないぐらい。こいつが戻ってきてよかったと思わせるぐらいには本気で勉強します。GPAも最高を目指します。(ここに授業の内容をまとめていくので楽しみにしておいてください。)

2年後、笑って卒業できるように。サークルとかも入ってみようかな。知らんけど、もうすこし大学生活を楽しんでみようと思います!そんな感じで、、