塾業界は全て淘汰される。

とても不安な記事だが、僕はこう思う。塾業界は多分なくなる。大学入試の改革が進んでいるから。日本が目指している受験方式は小論文や面接などで全てを決めるようなものだ。欧米での形式に憧れを持っている。つまりテクニックを売るというのは、古くなる時代が来る。

さて、そこに向けて何をしようという話だが、はやりインキュベーションな気がする。大学で研究をするための種を紡ぐようなインキュベーション事業が盛んになれば良いのだが、早くには出来ないような気もする。笑

教育が変わるのはアイデアが出てから8年から10年くらいかかるのに、求められるのはその子が3年間の中という、大きな溝もできている。

なんの話かというと、先進的な教育、早く作んねえとなあという呟きです