佐世保バーガーはエンタメ性の高いバーガーでした。

佐世保で1番有名なバーガーを食べにいきました。なんとバーガーキングの名前のついた佐世保バーガーです。結構テレビとかにもでているらしく、地元民もここによく行くみたいです。面白い現象だなと思ったのが、この佐世保バーガーのすぐ後に

マクドナルドが聳え立っています。普通の光景なんだけど何か面白い。チェーンとご当地の狭間で生きる概念が浮遊している感覚でした。悪くないと思います。それでもやはりマクドナルドには人が溢れており、安さ速さのオファーは強いんだなと感じました。

佐世保バーガーは案外ゆっくり作られて、注文したら大体10分ぐらい待ちます。パティからしっかり焼いていくのでこの時間になるのですが、確かにハンバーガーを食べるというマインドセットでいくとあまり良い時間とは思えません。

飲食でこういったコンセプトバーガーみたいなものを流行らせようと思ったら、マクドナルドやバーガーキングなどと違うポジショニングをしないといけないですが、それに関して佐世保バーガーというのは観光客に対していいオファーだと思います。

あとは米軍の人はよく利用しているイメージでした。ちなみに普通に美味しかったです。美味しかったですが、特に特徴があるかと言われたら首を縦に振るのは少し難しいですね。The ハンバーガーといったお手本のようなハンバーガーでした。