人材への見方が変わるのがマジョリティ化してきた感覚

https://toyokeizai.net/articles/-/422475

>>>EC事業を統括する野田晋作副社長は「サイトの開発・運営を社内の人材で行うと(サービスや機能の改善など企画を投下する)スピード感が圧倒的に違う」と語る。

これは人材に対する見方が変わってきている証拠。新卒採用に疑問符が打たれる時代になりつつある。外部に委託せず、想いの強い人たちで自社商品開発をした方が効率も成果も上がるというわけだ。広告代理店などの仕事もECサイトが主流となり店舗を持たなくなって行くようなブランドが増えて(ReZardなど)減って行く時代になる。そこのリソースだけ持っていても仕方ない。

Youtuberやインフルエンサーに仕事を振る人が1番売り上げがあがる。広告をハックした人間が令和時代は勝ち上がって行くだろう。。少ない人材で大きな結果を出せる時代になった今、マジョリティに求められるのはどんなスキルなのだろうか、、未来はどうなって行くのか予測ができない、、