「お金が欲しい」が口癖の人は、100万円渡しても1日で使いきれない。

お金が欲しいと思っている人あるあるなんですが、一種の貨幣宗教的なところで、お金をもらっても使えないんですよね。100万円なんて1日で使い切れ!と僕は思います。お金欲しい〜〜と言っている人は特に使い道も考えられません。なぜかというと憧れの世界だから。憧れは理解からもっとも遠い存在というのはよく言ったもので、憧れている人の生活は理解できません。

例えば、ヒカルに憧れている人は無限にいると思います。あれだけ無限にお花園を使って夢のような生活をしている。しかし、じゃあ1000万円を渡すから好きに使って!となると、何もすることができずに貯金してしまう人がほとんどだと思います。

だから安易にお金が欲しい!というのは危険なのです。使い道がないのにお金を持ったとしても経済を滞らせるだけだから。

つまり普段からお金の使い道を考えることが重要です。今月の売り上げは何に使おうか、来月の売り上げは何に使おうか。そいうことを考えて生きていると自然とお金を使えます。積み立てでもなんでもいいから自分でお金を使ってみるというのは大事なことです。

人間って案外自分でお金を使いません。例えば飲み会とか遊びに行くとか、1人でいかない限り使っているのではなくて使わされています。パソコンとかも大学で買わされたり、iPhoneとかも惰性で買ったり、自分で意思決定してお金を使うって実はなかなかないんですね。だから、自分で意識してお金を使うようにしましょう。

口癖は『あそこにお金投げて〜〜。』